flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

NO.6 #11(終)「伝えてくれ、ありのままを」

老から託されたデータチップを踏み潰した紫苑が、本作のコンセプトを象徴していたように思う。寄生蜂もNO.6もエリウリアスも、所詮は主人公男子二人の蜜月の添え物に過ぎない、ゆえに不要なのだと。女性ファンの皆さんはこれでOKなのかもしれないが、私としては沙布の扱いが残念でならなかった。
★★