flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

日常 総評

前クールは辟易させられるほどギャグが滑っていたけれど、後クールゆっこサイドと東雲サイドが出会ったあたりからギャグの切れ味が格段に増してきて目が離せなくなってきた。ありえないオーバーアクションを動画と役者の芝居の同期でもって表現する手法は、14話のゆっことみおの大喧嘩で確立した印象。はかせとなのの焦らしプレイ脱力コメディは序盤から楽しかったけど、ゆっことみおのギャグがヒートアップしてからは、相乗効果でより引き立って見えた。モヒカン君など他のキャラクターによるギャグやコメディは正直微妙なものが多かったけど、ゆっこサイドと東雲サイドの頑張りで充分おつりが来たかな。
本作に関して“京アニの無駄遣い”といった感想をあちこちで拝見したけど、良質なギャグやコメディは、くだらない話に大真面目に取り組むからこそ成立するのだと思う。むしろ“無駄遣い”によってしか表現できないものがあることを教えてくれたのが本作。数多の“無駄遣い”によって突き抜けたスタッフ・キャストの皆さんに敬意を表したい。
★★★★