flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

THE IDOLM@STER アイドルマスター 第二十三話「私」

メジャーになったことにより仲間たちとのすれ違いに悩む春香のお話。
サブタイトルの「私」は示唆的で、春香のパーソナリティともとれるし、春香の個人的なエピソードともとれるし、もう少し勘繰ると「アイドル 天海春香」としての「公」の顔に対する、「人間 天海春香」としての「私」の顔とも解釈できる。
で、前回あるいは今回のストーリーからも、春香は「公」の場において「私」の部分を捨て切れていないように思う。対照的に「一緒に頑張る」のは「ちょっと違う」と言った美希は、「公」としての自分を優先しようとしているように見受けられる。美希はハニーのためそしてファンのために、アイドルとしての自分を高めようとしているから、同僚への遠慮は無用だという考えは当然かと。とっくに競争は始まっているのだから。
一方で、序盤から春香が仲間たちに見せてきた気遣いや優しさが、どれだけみんなを支えてきたのかも分かっているつもり。ただ、自身はリハーサル参加のためにラジオ収録の時間を変更しておきながら、同じ理由で海外レコーディングをやめると言った千早に対して、自分の夢を優先すべきだと背中を押した件については、自身のことよりも人のことが優先という自己犠牲精神が垣間見えた。春香の内面は他者には分からないけど、周りにばかり気を配っていては、いずれ自身がもたないのではないだろうか。
当然ながら春香にも熱心なファンがいて、アイドルとしての夢もあるだろう(おそらく次話のサブタイトルにも繋がる)。今回の件は春香がアイドルとして独り立ちするために乗り越えなければならない壁のように感じられる。プロデューサーの事故は、他者への思いやりに溢れた彼女にとって、誰よりも辛いことだと思うけど、だからこそ次話以降に出すであろう結論を楽しみに待ちたい。
真面目に考えると、いやむしろ無粋な突っ込みなんだろうが、生き馬の目を抜く芸能界で、春香は甘過ぎると言われてもしかたないだろう。でも、春香のおかげで現在がある雪歩や千早を見ていると、春香には春香の道が拓けると信じたいもの。仮にそれがマネージャーやプロデューサーでもいいじゃないか。本人は自覚していなさそうだけど、春香の調整能力ってそれだけで凄い才能だと思うもの。
あとは、単なる才能集団ではなくチームとしての765プロを、劇中でどう肯定するのかも気になる。
★★★☆