flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

這いよれ!ニャル子さん 第11話「星から訪れた迷い子」

大詰めになってまたまた邪神少女グダタン投入。ニャル子の稀有なキャラクターが本シリーズの魅力と思っていたので、ヒロイン(ハス太含む)が増えるたびにニャル子の印象が薄まっていくように思えるのは勿体無い。それでもクー子だけはニャル子に直接アプローチするから掛け合いの魅力が出てくるけど、ハス太はニャル子とはほとんど平行線だし、今回のグタタンは真尋とニャル子の間に溝を作るために起用されたように見えるし。サブキャラは揃ってニャル子の暴走を引き出すような役回りに徹したほうが締まりが出てくるような気がする。あと、コメディのキレが今一つなのに連動してか、シリアスとの落差もぎこちないなあ。もっとも、最後はコメディで落とすような気がするけど。
★★