flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2012夏調査(2012/4-6月期、終了アニメ、26作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。
評価基準 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)


01,オズマ,B
02,つり球,B
03,ZETMAN,B
04,君と僕。2,B
05,謎の彼女X,A
06,うぽって!!,x
07,さんかれあ,C
08,夏色キセキ,B
09,緋色の欠片,B
10,あっちこっち,F
11,めだかボックス,F
12,ヨルムンガンド,C
13,坂道のアポロン,A
14,ゆるめいつ3でぃ,x
15,アクエリオンEVOL,C
16,モーレツ宇宙海賊,C
17,黄昏乙女×アムネジア,B
18,Fate/Zero 2ndシーズン,C
19,這いよれ! ニャル子さん,D
20,リコーダーとランドセル レ,x
21,クイーンズブレイド リベリオン,B
22,シャイニング・ハーツ 幸せのパン,D
23,これはゾンビですか? OF THE DEAD,C
24,LUPIN the Third 峰不二子という女,B
25,咲 Saki 阿知賀編 episode of side-A,F
26,ポケットモンスター ベストウイッシュ,x


(以下、自由記入)
{追加評価} (自由記入、第22〜24回調査に参加している方)
24-03,Another,A


{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)

前期の『ちはやふる』のような殿堂クラスこそなかったものの、渋く個性的なシリーズが多く楽しかった。『坂道のアポロン』と『謎の彼女X』が双璧、僅差で『夏色キセキ』(作画が良ければA評価だった)を含めた三強。B評価が多かったのを振り返っても佳作揃いだったと思う。


01,オズマ,B: 全6話というコンパクトな尺を前提として、キャラクターへのフォーカスはほどほどにストーリーを前面に出した群像劇と割り切ったのが奏功していたと思う。戦術の駆け引きで魅せる潜砂艦のバトルが見応えあった。
02,つり球,B: 4人の男の子たちがそれぞれの悩みを克服して共通の目的に向かう青春ストーリーを、ポップで個性的な演出でオブラートした作品コンセプトが独特。
03,ZETMAN,B: ストーリーも演出もキャラ描写もほとんど弾むことのない徹底してダウナーな空気感は、硬軟いずれかに振ることで視聴者に訴求しがちな他の作品群に対して異彩を放っていた。
04,君と僕。2,B: 1期と同じく、女子キャラ絡みの淡い恋愛エピソードが出色だったけれど、最終話のような男子キャラだけによるコメディも楽しかった。
05,謎の彼女X,A: 変質的なフェティシズムと思春期特有のリビドーの相乗効果によって、恋愛の真っただ中にある熱に浮かされたような心理状態の映像化が卓越していた。
07,さんかれあ,C: 朽ちていくゾンビの礼弥と健康的な人間の蘭子の対照が強烈かつ示唆的だったが、二人の関係性が平行線のまま終わってしまった構成は疑問が残る。
08,夏色キセキ,B: 何といっても飾り気のない4人のヒロインの造形がすばらしい。御石様のキセキによるドタバタの活かし方も大仰にならない味付けで良かった。
09,緋色の欠片,B: 主人公も守護者たちも敵にやられっ放しでフラストレーションがたまりそうなところ、耐え忍びつつお互いを庇い合う姿が美しくて、かえって魅力になっていたと思う。
12,ヨルムンガンド,C: 世界観やキャラクターデザインは好みのはずなんだけど、ココと私兵が無敵すぎて次第にバトルシーンに緊張感がなくなってきた印象。リアルとファンタジーのバランスが偏っている感じ。
13,坂道のアポロン,A: 臨場感あふれるジャズの即効演奏という強力な武器を、友情と恋愛の人間ドラマの要所々々に使ってくるパターンが堂に入っていた。シリーズ構成や作画にもにも隙がなく完成度の高いシリーズだった。
15,アクエリオンEVOL,C: ある種の熱に浮かされ続けるような演出や諸設定は、色恋沙汰という神話の本質そのものを体現しているように思えた。神話という大前提に頼り過ぎたのか、主人公とヒロインの描写が浅かったのは残念。
16,モーレツ宇宙海賊,C: 個性的な作品世界、魅力的なキャラクター、雄大な音楽、と基本的要素のレベルの高さは認めつつも、宇宙海賊の定義を曖昧にしたままシリアスに突入した後半の展開には距離を感じてしまった。
17,黄昏乙女×アムネジア,B: 『C3−シーキューブ−』に続き、ゴシック・ホラー的な世界観と大沼監督のテイストの相性の良さを感じさせたシリーズ。レギュラーは実質4人のみというミニマルな人物編成や学校内で完結する舞台設定も、過剰さ濃密さを演出していたように思う。
18,Fate/Zero 2ndシーズン,C: 作画クオリティは素晴らしかったが、聖杯戦争という箱庭設定に思い入れるほどのドラマ性が感じられたかと問われれば、残念ながら否としか。
19,這いよれ! ニャル子さん,D: 初回は会話とコンテの噛み合わせが切れていて楽しめたが、3話以降は弾まないコメディが延々と続く凡庸な出来に終始してしまい、正直退屈だった。
21,クイーンズブレイド リベリオン,B: アンネロッテを「姉」として中心に据えた物語構成が最後までブレなかったので、クライマックスまでストレスなく視聴することができた。
22,シャイニング・ハーツ 幸せのパン,D: 原作ゲームを換骨奪胎してでもパンアニメを最後まで貫いてほしかった、以上。
23,これはゾンビですか? OF THE DEAD,C: 一部のヒロインズがどぎつくて好みに合わなかったが、コメディとしての完成度は高かったと思う。
24,LUPIN the Third 峰不二子という女,B: 最終回の事実開陳は微妙に感じるところもあったが、『ルパン三世』というエスタブリッシュされたタイトルを、前衛的にスタイリッシュに演出したチャレンジ精神は評価したい。


(以下、自由記入)
{追加評価} (自由記入、第22〜24回調査に参加している方)
24-03,Another,A: 謎が謎を呼ぶストーリー展開に過剰に不穏を煽り立てる演出、シリーズのアイコンとして最後まで揺るがなかった見崎鳴の異物感、硬質でありながらうらぶれた湿度感のある作画周り、どの要素も完成度が高かった。