flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

氷菓 第十一話「愚者のエンドロール」

奉太郎を表すというタロット「力」、女難の相を暗示しているとのことだが、つまるところ省エネを標榜しても隠せない彼の才能が数多の女たちを惹きつけているとも言えるのではないか。そこに気付かないのは奉太郎の青さゆえかもしれないが、羨ましいような羨ましくないような。関連してか、底知れないように見えた入須が意外と小物だったりしたオチは、全く侮れないなあと思う。奉太郎を巡る物語そのものが視聴者に対して推理を要求しているのかもしれないな。もっとも自分は難しく考えるつもりはないけれど。自らをデータベースと謙遜しながら奉太郎に対して上から目線で物申す里志など、キャラクターの言動に違和感を覚えることがしばしば。
★★★