flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

輪廻のラグランジェ season2 #9「白い鴨川」」

それぞれの道を見出したキリウス、イゾ、アレイに、未だ進路が定まらないまどかを重ねつつ、最後の鴨川プッシュという感じ。まどかのメッセージを受け止めて喧嘩を回避しようと必死なヴィラジュリオとディセルマインのお二方、特に妹に課したものと同じような実験に耐える後者の姿に感じ入った、と言いたいところだが、全体的に引っ掛かりが弱い。個別の要素は悪くないはずなのに、総体として押しが弱く感じられるのは何故だろう。SFに地域住民との交流に百合描写にと、あれこれ欲張り過ぎだからかもしれないな。興味はむしろ、2万年前からの因縁が明らかになったアステリアとモイドに移りつつある。
★★☆