flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

もやしもん リターンズ 第十話「すれちがう思い」

望月智充絵コンテ回。
ありのままをさらけ出し合った長谷川と龍太の対峙に、マリー父娘のそれを重ねる脚本はベタだったが、それゆえに力強かった。原作や前シリーズを知らないこともあるけど、本シリーズでの龍太は長谷川に執着する嫌な人間として徹底して造形されていたので、自身も両家の跡継ぎというプレッシャーに苛まれているとは思わなかった。つまり、幼少時に「木に登って」とねだって龍太に期待を持たせてしまったのは長谷川で、それが長らく龍太を苛んで来たことに、長谷川自身も気づいたのだと。ノロウイルスの危険を承知で生ガキを食べたくなったという彼に、単なるヤケ食いではなく、やりたいことすら我慢して来た今までを想像してしまってグッと来た。あと、菌たちを使ってマリーにメッセージを伝えた沢木の計らいも粋だった。
特定保健用食品について解説したおまけコーナーが楽しかった。
★★★☆