flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2012秋調査(2012/7-9月期、終了アニメ、43+2作品)

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。
評価基準 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)


01,氷菓,B
02,AKB0048,C
03,貧乏神が!,B
04,TARI TARI,C
05,DOG DAYS',B

06,SKET DANCE,x
07,じょしらく,B
08,たまごっち!,x
09,ズーブルズ!,x
10,ゆるゆり♪♪,x

11,エリアの騎士,x
12,黒子のバスケ,x
13,遊戯王ゼアル,x
14,カンピオーネ!,D
15,薄桜鬼 黎明録,B

16,ココロコネクト,B
17,しばいぬ子さん,x
18,夏雪ランデブー,A
19,織田信奈の野望,F
20,戦国コレクション,A

21,アクセル・ワールド,C
22,人類は衰退しました,B
23,ゆるめいつ3でぃPLUS,x
24,機動戦士ガンダムAGE,D
25,はぐれ勇者の鬼畜美学,F

26,アルカナ・ファミリア,B
27,もやしもん リターンズ,B
28,バトルスピリッツ 覇王,x
29,恋と選挙とチョコレート,D
30,境界線上のホライゾンII,C

31,この中に1人、妹がいる!,C
32,超訳百人一首 うた恋い。,A
33,クロスファイト ビーダマン,x
34,だから僕は、Hができない。,E
35,輪廻のラグランジェ season2,D

36,エウレカセブンAO (22話まで),C
37,あらしのよるに ひみつのともだち,x
38,えびてん 公立海老栖川高校天悶部,x
39,(欠番、削除不可),x
40,ロビンくんと100人のお友達シーズン2,x

41,ひつじのショーン チャンピオンシープス,x
42,ファイ・ブレイン 神のパズル オルペウス・オーダー編,C
43,探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative ONE (特番),C

再調査 (前回参加した時、未評価だった方)
25-06,うぽって!! (TV初放送),x
25-24,LUPIN the Third 峰不二子という女 (関西地区),x

再調査の作品は、
前回評価している方の投票は無効になります。

(以下、自由記入)

{総評、寸評など} (自由記入、引用する場合あり)
戦国コレクション』、『夏雪ランデブー』、『超訳百人一首 うた恋い。』の三強に、『もやしもんリターンズ』が次点。今期もノイタミナの高位安定ぶりが目立った。
01,氷菓,B: 推理が前面に出た印象の前半は乗り切れなかったが、カンヤ祭でメイン4人の表情をヴィヴィッドに表現した「クドリャフカの順番」がすばらしく、以降のエピソードも日常ドラマの中に推理が溶け込んだスタイルになったおかげで楽しめた。
02,AKB0048,C: 人間ドラマ的な陰影は薄めだったが、人物、背景ともに美麗な映像と音楽による演出が極まっていて見応えがあった。
03,貧乏神が!,B: 女子キャラメインのハイテンションなギャグと人間ドラマの両極端な振れ幅が魅力的だった。コメディリリーフに止まらず、主人公の価値観を揺さぶらせるなど、男子キャラの使い方も渋かった。
04,TARI TARI,C: P.A.WORKSお得意の、ファンタジー要素を排した青春ドラマとして安定していた。作品タイトルが象徴するように散漫なストーリーラインだったけど、だからこそ大人からは些細なことでも必死になれる青春時代の輝きが演出できていたのだとも言える。
05,DOG DAYS',B: シリーズ本来の魅力をストレートに表現する、戦興業とお使いエピソードを交互に繋げていくライトな構成で、1期で不自然にシリアスな路線に迷走してしまった不満が解消された。主人公の幼馴染のレベッカに嫉妬めいた感情を持たせることをしなかったのも見識。
07,じょしらく,B: 時事ネタの際どさ云々以前に、狭い楽屋をセットに見立てたハイテンションコメディとして良く出来ていた。お江戸見聞のBパートを箸休め的に入れる構成も奏功。最終話ラストのマリーが楽屋から高座に上がるシーンがすばらしく印象的で、人生の最終回を引き合いに笑いの効能で締めるセンスには眩暈がしたほど。
14,カンピオーネ!,D: 日常シーンは楽しかったが、戦闘シーンは敵キャラの魅力の乏しさに加えて、長ったらしい口上がスピード感をスポイルしていて退屈だった。敵の正体を看破して倒すというバトルのアイデアそのものは面白いと思いつつ、アニメに上手く落とし込めていないように感じた。
15,薄桜鬼 黎明録,B: 雪村千鶴が主人公だった前2作よりも、純粋に壬生浪士組新選組のドラマとして魅力的だった。禍々しくも悲劇的な芹沢鴨の存在感も大きかったし、何よりも主人公・井吹龍之介の立ち位置と顛末にスタッフの愛情が感じられて泣けた。
16,ココロコネクト,B: 超常現象に抗えない試練を課せられた男女5人が、それぞれのトラウマを超克し互いに助け合うことで成長する青春ドラマ。見る人を選びそうな飛び道具的な設定ながら、原作者とスタッフが意図したものは十二分に表現されていると感じた。エピソードを越えてキャラクター相互の内面が作用し合う展開に静かなカタルシスがあった。
18,夏雪ランデブー,A: 作画、音楽、プレスコによるキャスト陣の芝居、全ての要素が有機的に絡み合って、重く切ないストーリーを軽やかに見せる演出テクニックが図抜けていた。決して好みのキャラクターやストーリーという訳ではなかったが、視聴している間は全く痛痒を覚えることなく世界観に浸ることができた。
20,戦国コレクション,A: 過去の映画やドラマを元ネタにしたオムニバス形式というコンセプトもあって、楽しめたエピソードとそうでないエピソードのバラツキが大きかったが、「戦国武将」の定義に象徴されるとおり、自由な発想に開放感が満ちていて、その散漫さもひっくるめて愛すべきシリーズになった。
21,アクセル・ワールド,C: 作画の美しさと1話単位できっちり盛り上げて次回に引く脚本のキャッチーさで楽しめた。ストーリー展開にはもう少しダイナミズムが欲しかったが。
22,人類は衰退しました,B: 「妖精さんの、ひみつのこうじょう」での形容しがたいシュールな感触が話数を追うごとに薄れていったのは惜しかったが、女性には珍しいぼやき系主人公「わたし」の存在感だけで評価に値すると思う。可愛らしい喋り口調に毒を含ませていく中原麻衣さんの好演も忘れられない。
24,機動戦士ガンダムAGE,D: せっかく三世代というダイナミックな時間軸があるのに、多人数のキャラクターの関係性を活かし切れないシリーズ構成と脚本の平板さ、そして最終話におけるフリットの扱い。可能な限りモビルスーツによる戦闘シーンを盛り込もうとするサービス精神は良かったと思う。
26,アルカナ・ファミリア,B: 序盤からゆったり尺をとってリベルタとノヴァを魅力的に描いてくれたおかげで、必然的に主人公であるフェリチータも魅力的に感じられた好循環。1クールの尺を割り切った構成で気持ちの良い大団円を迎えることができた。
27,もやしもん リターンズ,B: 農大系ゼミらしいアーシーでルーズな空気感に、男女とも個性的で好感度高いキャラクターたち。散漫に思える構成も本シリーズに関してはマイナス要素にならないのが不思議。
29,恋と選挙とチョコレート,D: 1クールの尺であれこれ欲張り過ぎて、主人公のマニフェストすらも曖昧に拡散してしまった印象。キャラクターデザインやキャスト陣は魅力的だっただけに、2クールで企画すべきではなかったか。
30,境界線上のホライゾンII,C: 惜しげもないリソースの物量作戦によるゴージャスな作画演出は、戦闘シーンが多めだったこともあって1期以上に振るっていた。個人的には点蔵とメアリのロマンスとして観ていた。
31,この中に1人、妹がいる!,C: 妹詐欺の繰り返しで視聴者の興味を惹くライトサスペンス的なコンセプトで、あざといと思いつつも退屈することなく楽しめた。
32,超訳百人一首 うた恋い。,A: 百人一首に秘められた歌人たちの想いを現代的なアレンジで甦らせるというコンセプトのオリジナリティ。作画演出はトリッキーなものではなかったけど、スタイリッシュだったりコミカルだったり表情豊かだったので退屈しなかった。何よりも、和歌そのものが余韻として残る視聴後感が毎度ながらすばらしかった。
34,だから僕は、Hができない。,E: 前半はリサラの魅力のおかげで楽しめたが、後半はコメディ、シリアスともに不完全燃焼で、茫洋とした印象に終始してしまったのが残念。
35,輪廻のラグランジェ season2,D: メインの女子三人≒ジャージ部魂至上主義で、ロボットや星間戦争が添え物に感じられてしまった全体像に馴染めなかった。1期の序盤で勝手に期待してしまった、バックドロップや真剣白刃取りみたいな格闘技を活かしたロボットバトル路線もフェードアウト。
36,エウレカセブンAO (22話まで),C: ストーリーは最初から最後まで散漫だったが、毎回惹きつけられる“何か”があった。例えば、少年少女たちの不安定な内面描写や、作品世界を攪乱する謎めいたアイコンとしてのエウレカの存在感など。
42,ファイ・ブレイン 神のパズル オルペウス・オーダー編,C: 分かりやすい敵組織オルペウス・オーダーの登場で1期よりは明快になった。個人的には南の島バカンス回を筆頭にノノハの活躍がどれも印象的だった。あと、総作監を設けたことで1期では話数によってバラバラだったキャラデザのラインに統一感がもたらされたのもポイント高い。
43,探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative ONE (特番),C: 森脇真琴監督のテレビシリーズと比べてしまうと平凡なのだろうが、単発エピソードで観るぶんにはリラックスして楽しめる出来だった。