flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) 第8話「プラウダ戦です!」

雪上での戦車の動きは見ごたえあって楽しかったが、廃校の件をみほにバラしてしまったタイミングには首を傾げてしまった。みほを問答無用で戦車道に引き込もうとした生徒会に何らかの事情があろうことは初回の段階で読み取れたし、普段から試合に勝つべしとカリカリ気が短かった河嶋桃がピンチに際してうっかり漏らしてしまったのもわかりやすくはあるのだけど。何だか実家からの勘当も含めてみほ一人を追い詰めているように思えてくる。まあ、ここでみほを想う仲間たちとの絆で窮地脱出というプロットになるのだろうね。なので、試合前に苦悩するよりも待ったなしの勝負の流れの中で試練を与えたほうが勢い付くという判断かもしれない。日常描写はそこそこに試合描写に尺を取った本シリーズならではの見せ方なのかも。とりあえずは次回を待ちたい。
『カチューシャ』を歌いながらのプラウダ高校の行軍シーンは、その部分だけが鮮やかに切り取られたようで単純に高揚感があった。さすが軍歌だなと。
★★☆