flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ささみさん@がんばらない 第四話「実家に寄生」

脚本:高山カツヒコ/絵コンテ:高橋知也/演出:石川俊介作画監督:高野晃久・斉藤和也
つるぎが仕組んだ「ササミ・ウォッチ・プロジェクト」を通じて、鎖々美の分身である「肉腫」をあぶり出す手際が実に鮮やか。お話は観念的で分かりづらい部分もあるが、テンポのいいコンテワークとユーモラスな表現の数々がガッチリ噛みあっていて、退屈する瞬間がほとんどない。盗撮をテーマにしたエピソードらしく「NO MORE 映画泥棒」*1のカメラ男をパロった神臣の芸人魂には最後まで笑わせてもらったし、一人だけメリハリのあるアクションを立ち上げて空気を変えてみせるつるぎも良いアクセントだった。シャフト流の演出スタイルにもそろそろ飽きたかな、と思い始めていたところだが、改めてその底力を感じさせるシリーズになりつつある。また、サブタイトルの「寄生」が鎖々美と肉腫のダブルミーニングに感じられたのも印象的。厳密に言えば鎖々美の「実家」は神臣ということになるのだろうけど、未だ月読神社の呪縛から逃れられない彼女の立ち位置を暗示しているようでもある。
★★★☆