flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

PSYCHO-PASS サイコパス #16「裁きの門」

脚本:虚淵玄深見真/コンテ:矢萩利幸/演出:平田豊作画監督:古川良太・細越裕治
初回のアヴァンで描写された厚生省ノナタワー最上階での槙島とのバトル。
互いの行動を見抜いたうえであえて対峙しようとする狡噛と槙島の立場を越えた蜜月にニヤニヤ。犯罪の真相よりも槙島自体を執拗に追いかける狡噛の姿はまさに「猟犬」を思わせるもの。槙島に対する怨みを飲み込んだうえで監視官として狡噛を後押しする朱の意志の強さがバックグラウンドになっているところもいい。殺意を押し殺して槙島を逮捕した朱の矜持こそが、シビュラに対する人類唯一のカウンターに思えてくる。狡噛がドミネーター以外の銃器を使ったくだりには突っ込みたくなってしまったが、シビュラのメッキが剥がれつつあることを槙島というイレギュラーによって突き付けられた執行官の正当防衛として納得させることにする。
一方で最下層での縢とチェ・グソンとのやり取りも見応えあり。正論とも思えるグソンのシビュラシステムに対する疑義を認めつつも、市民の大量虐殺扇動は気に入らないという縢の台詞が、執行官というアンビヴァレントな存在を象徴しているようだった。また、禾生局長の真実を知った瞬間の「やってらんねえよ、クソが…」にも、シビュラに踊らされているこの世界そのものが象徴されているような気がした。プロット的にはありきたりかもしれないけど、ストーリーが動き出した際のカタルシスはさすがとしか。
★★★★