flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

琴浦さん 第7話「この世界に私は」

脚本:あおしまたかし/絵コンテ:三原武憲/演出:仁昌寺義人/作画監督:小泉初栄・北村友幸
春香のテレパスをコメディに活かすパターンがこなれてきて素直に楽しめた。春香自身の変化を印象付けるストーリーが縦軸になっていたおかげもあるし、観ているこちらが慣れてきたのかもしれないが。男の子の飾り気のない言葉に泣きじゃくる幼少時代の百合子と春香を重ねてみせる演出も良かった。義久によるサプライズを含めてありきたりなのだけど、ストレートな描写には好感が持てる。また、壊滅的な料理を作る人にその料理を食わせるメソッドは極めて有効かと思うがアニメではあまり見られない。
★★★