flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ちはやふる2 第九首「わたのはら」

脚本:川嶋澄乃/絵コンテ:宍戸淳/演出:のがみかずお/作画監督:阿部千秋
千早たちを応援するために1日早く近江神宮にやってきた新は、中学時代の同級生に頼まれて藤岡西の替え玉選手として団体戦に出場する。正直、替え玉なんてやり口は正々堂々をモットーとするシリーズのテイストにあまりにもそぐわないだろうと軽く失望感を覚えたのだが、変装を看破した栗山先生によって個人戦へのペナルティとして引いたラストには心底安堵させられた。これで新が意図せずに団体戦の喜びを再発見することになった替え玉参戦も意味を帯びてくるだろう。新は団体戦に対するスタンスが対照的な千早と詩暢の架け橋的存在になりそうで、三人をめぐるドラマも楽しみになってきた。また、今まではほとんど描写されなかったユーモラスな新の表情が拝めたという意味では有意義だったな。
シリーズ序盤から不安定だった人物作画がかなり残念なことになっていた。BOX化に当たっての修正を切に望みたい。
★★★☆