flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる #12「謀略の結末は修羅場」

脚本:冨田頼子/絵コンテ・演出:出合小都美/作画監督:小林恵祐・須藤智子
冴子が担当する「コンテスト」参加直前、水着サービスを交えつつラストへの追い込み。前回、冴子にフェイクの向こうの本質を抉られた真涼が仲間たちからのプレゼントで思わず弱みをみせる流れを、「共犯者」である鋭太目線でフォーカスしていく。愛衣からの忠告や真那からのフォローも効果的に加えながら、真涼の孤独な内面を詳らかにしていく手際が鮮やかで見入った。あの苦言どころか酷評してしまった序盤の千和編も、依然として肯定はできないものの、真涼と鋭太の下地になっていることがよく分かる。中盤まではそのやりようが好きになれなかった真涼だが、終盤にきていつの間にか彼女一人がフルボッコにされる構図になっていた感じ。そう、真涼の在り方そのものが、シリーズの「フェイク」になっていたようで、そんな彼女を守ろうとする鋭太にも感情移入してしまった次第。
最終話を観てみないと結論は出せないが、完全に一本取られたな。切らなくて良かった。
★★★★