flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

THE UNLIMITED 兵部京介 #11「嵐の中のふたり -OUTLAWS-」

脚本:兵頭一歩/絵コンテ:神保昌登/演出:神保昌登作画監督:徳田大貴・松下純子・鎌田均・服部憲知
ユウギリを助けるためにそして早乙女の野望を打ち砕くために共闘する兵部とヒノミヤに痺れる。寿命が残り少ない兵部が弱みを見せヒノミヤに頼ったくだりは二人の信頼の証。
「嘘や隠し事を許せない奴が、人を信じられるものか。」
歯の浮くような台詞の連発だったが、極めつけはこれだな。エスパーであることによって世を忍ばざるを得ない現状に抗い続ける兵部の内面が、彼一流のニヒリズムの向こうに感じられたので。ヒノミヤとパンドラとの和解を経て、操られるユウギリを最後の試練にきっちりと盛り上げてきた。あとは予想されるバベルとの共闘も含めた最終回を待つのみ。贅沢を書かせていただければ、アクションに切れがあると文句なしだったのだけど。
★★★☆