flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第1話「こうして彼らのまちがった青春が始まる。」

原作ライトノベル未読。話数の表記は○内に数字だが、はてダの環境では表示できないので公式サイトに準じる。

スタッフ

原作:渡航小学館ガガガ文庫」刊) キャラクター原案:ぽんかん8*1 監督:吉村愛 シリーズ構成:菅正太郎 キャラクターデザイン:進藤優 音楽:石濱翔MONACA 音響監督:本山哲 アニメーション制作:ブレインズ・ベース

脚本:待田堂子 絵コンテ・演出:吉村愛 作画監督:進藤優・中野圭哉・坂本ひろみ
生徒たちのお悩み相談をする「奉仕部」における、内面に問題を抱えた風な少年少女たちの物語、という体裁のよう。主人公の比企谷八幡は、「孤高のぼっち」という割には本人や周囲が思っているほど人格に問題がある風には見えない。それは、筆頭ヒロイン・雪ノ下雪乃の毒舌が八幡の屁理屈を相殺しているように思えたからだろう。雪乃の第一印象は正直よくなかったが、その毒舌が自身を傷つけているように感じられるに及んで、ラストではずいぶん印象が変わってきた。いい歳こいた大人から見ると、主人公、ヒロインズともに変人と言うには可愛げがあるくらいだ。あと、主人公とヒロインズのパワーバランスが対等ぽいのはいいな。全体的にラノベ原作らしく八幡のモノローグと会話劇主体で、作画演出的な面白味がほとんど感じられなかったので、視聴を続けられるか否かは人間ドラマ次第になりそう。
余談。八幡による屁理屈の数々だが、中の人が江口拓也なので、『イクシオン サーガ DT』の火風紺に聴こえて仕方がなかった。
★★

*1:正式な表記は○内に8