flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

AKB0048 next stage 総感

園智恵理本宮凪沙、9代目大島優子の3人が主人公だったというのが私的解釈。研究生側で切磋琢磨する智恵理と凪沙に、襲名メンバー側で13代目前田敦子を追い続ける9代目大島優子のドラマを併走させ、クライマックスできっちりとまとめあげてみせた。キャラクターへのフォーカスが散漫だった1期に比べると、この2期はセンターノヴァ制度復活のための総選挙に8代目篠田麻里子の襲名と、序盤からキャッチーなイヴェントを立ち上げ智恵理の内面とシンクロさせる手際が洗練されていて、うんと没入しやすかった。智恵理をその逡巡と共に先行させ、凪沙があとからついて行くような構図も、2人の性格を考えれば納得がいくもの。9代目大島優子は、襲名メンバーが研究生たちの憧れの存在としてではなく、襲名されたがゆえの苦悩を抱えていることを示すことで、襲名を目指す研究生たちのドラマに厚みをもたらしてくれたよう。智恵理を新センターノヴァに、凪沙を14代目前田敦子として並び立たせた、最終話の落としどころも綺麗だった。
キャラクターが多いこと、そしてキャラ描写そのものがフラットなことから、個人個人の掘り下げが深いとは言えず、1期序盤では凪沙に冷たかった智恵理の態度がいつの間にか軟化していたくだりや、1期で強調された東雲彼方と5代目高橋みなみの関係性が尻つぼみになってしまったなど、不自然かつ未消化な部分も散見されたが、シリーズの性格を考えると許容範囲だった。それでも、前述の3人のドラマは筋が通っていたと思うし、18話における横溝真琴と敵勢力の隠れファン・ヒガシノ二等兵との交流など、印象に残る個別エピソードにも事欠かなかったし。
キャストについて。アニメファンとしては襲名メンバーの豪華な面子が兎にも角にも楽しかったけど、AKB48とその派生ユニットが担当した研究生も、智恵理役・渡辺麻友、凪沙役・岩田華怜、一条友歌役・佐藤亜美菜あたりはキャラクターのイメージどおりで好感が持てた。襲名メンバーでは9代目大島優子役・神田朱未の存在感に尽きる。近作では、『もやしもんリターンズ』の及川葉月役もそうだったけど、この人の負けん気が強くそれでいて爽やかな少女役は掛け値なしにすばらしい。
河森アニメの系譜を汲むゴージャスな近未来世界の描写は、背景やメカニックのみならずキャラクターデザインにも徹底していて、歌の力を借りて戦う0048たちを引き立ててくれたし、要所々々で使われる楽曲群も印象的なものが多かった。特に、最終話ラストバトルで使われた1期OP曲『希望について』は、ドラマティックなコーラスとともに歌詞がそのまま人々へのメッセージになっていてちょっと感動した。2期OP曲『主なきその声』もいいが、自分はやっぱりこっちだな。

希望について(type-B)(初回限定盤)

希望について(type-B)(初回限定盤)

最後に。AKB48に思い入れのないニュートラルな立場だったからこそ楽しめたのかも。
★★★☆