flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

まおゆう魔王勇者 第十一章「壊したり殺したりするばっかりで、何にも作ってないから」

脚本:荒川稔久/絵コンテ:島津裕行/演出:渡部穏寛/作画監督:橋本英樹・村司晃英・野道佳代・岡辰也・筆坂明規
魔王が南部諸国に撒いた種が各所で開花しつつある描写と、その魔王が先代たちの悪霊に汚染される危機を対置する。魔王はその大らかな性格が強調され、特に逡巡したり苦悩する様子は見せなかったので、唐突に暗黒面に落ちた姿を見せられても置いてけぼり感は否めない。サブタイトルにあるような自責の念ゆえに、彼女を救いたい願う勇者の内面も理屈では分かるものの、切迫感は今一つ。もっとも、淡々としているところが本シリーズらしいのかもしれないが…。個人的には魔王とメイド長の決闘などよりも、商いを通じて魔族と人間の交流を目指す青年商人に商人子弟が感銘を受けるに至ったシーンが、二人を導いた勇者と魔王それぞれの行いの結晶に感じられたのが印象的だった。遅ればせながら女魔法使いの活躍が拝めたのもよし。
★★☆