flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER) 第11話「激戦です!」

脚本:吉田玲子 絵コンテ・演出:小林敦 作画監督:山口飛鳥 メカ作画監督:須藤晋

川でエンジン停止したウサギさんチームを助けたみほと彼女を支持した仲間たちに、西住みほ流戦車道の萌芽が確かに感じられた。そんな妹にどれほど攪乱されようともつとめて動揺を見せないまほには、西住流の本家を担う重責が見え隠れする。圧倒的な物量による正攻法を流儀として叩き込まれた矜持が自然と伝わってきて、単純に大洗側だけに肩入れさせてくれないドラマ作りが上手いな、と。それを台詞頼みでなく表情や態度そして戦術で見せてくれるのが、本シリーズの秀逸なところ。
黒森峰の切り札であるマウス登場のシーンは、止め絵や劇伴で大袈裟に盛り上げるわけでもなく、試合の流れを壊さないようナチュラルな演出が施されていて、それがじわじわと大洗側のプレッシャーとして体感できた。クライマックスに相応しく細部のクオリティをここまで磨き上げながら、基本的な制作スタンスはブレないものだと感服しきり。
★★★★