flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)百花繚乱 サムライブライド 第壱話「真陰、開幕」

前テレビシリーズ『百花繚乱 サムライガールズ』は視聴済。

スタッフ

原作:すずきあきら キャラクター原案:Niθ(「百花繚乱」(HI文庫/ホビージャパン)) 監督:KOBUN シリーズ構成:西園悟 キャラクターデザイン・総作画監督:宮澤努 美術監督:東潤一 音響監督:明田川仁 音楽:加藤達也 制作:アームス

キャスト

柳生十兵衛悠木碧 柳生宗朗:平川大輔 真田幸村釘宮理恵 後藤又兵衛小林ゆう 徳川千:寿美菜子 服部半蔵後藤沙緒里 直江兼続豊崎愛生 柳生義仙:水原薫 シャルル・ド・ダルタニアン:小清水亜美 猿飛佐助:赤崎千夏 宮本武蔵日笠陽子 佐々木小次郎進藤尚美 荒木又右衛門:戸松遥 宝蔵院胤舜佐藤聡美 徳川慶彦:櫻井孝宏 前田慶次能登麻美子

脚本:西園悟 副監督・絵コンテ・演出:佐藤清光 作画監督:石橋有希子・宇都木勇・Park Myoung-Hun アクション監督:福島秀機

前半は借金の担保に取られメイド喫茶化した柳生道場でのコメディ、後半は剣姫(マスターサムライ)をもしのぐ実力を持つ四剣鬼(ダークサムライ)との初邂逅初対決という明快な構成。レギュラー陣は前シリーズで愛着ができているし、兼続のコメディリリーフは相変わらずキュートで笑えるし、エフェクトを含めた作画周りの処理は個性的、さらには四剣鬼たちのキャラクターもキャスト陣のおかげもあって立ちまくっている、と前シリーズを気に入った自分としては申し分のないスタート。加えて、AT-X限定だろうが、前シリーズにおける(お色気方面の)リミッターもめでたく解除になって楽しみが増えた。作画面の見どころが多く、キャラクターがそれぞれ魅力的で、コメディとシリアスのバランスがよいシリーズなので、毎回安定して楽しませてくれそう。初回から人物のデッサンが崩れ気味だったのは気掛かりだが。
★★★