flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)進撃の巨人 #01「二千年後の君へ ‐シガンシナ陥落1−」

原作漫画未読。

スタッフ

原作:•諫山創別冊少年マガジン連載/講談社) 監督:荒木哲郎 シリーズ構成:小林靖子 キャラクターデザイン:浅野恭司 総作画監督浅野恭司門脇聡 助監督:田中洋之・肥塚正史 アクション作画監督:江原康之・今井有文 美術設定:谷内優穂 巨人設定:千葉崇明 プロップデザイン:肥塚正史 美術監督吉原俊一郎 3D監督:薮田修平 音響監督:三間雅文 音楽:澤野弘之 アニメーション制作:WIT STUDIO 制作協力:Production I.G

キャスト

エレン・イエーガー梶裕貴 ミカサ・アッカーマン:石川由依 アルミン・アルレルト:井上麻里奈 ジャン・キルシュタイン:谷山紀章 アニ・レオンハート:嶋村侑 サシャ・ブラウス:小林ゆう クリスタ・レンズ:三上枝織 コニー・スプリンガー:下野紘 マルコ・ボット:逢坂良太 ライナー・ブラウン:細谷佳正 ベルトルト・フーバー:橋詰知久 ユミル:藤田咲 ハンネス:藤原啓治

脚本:小林靖子 絵コンテ:荒木哲郎 演出:荒木哲郎・田中洋之 作画監督:千葉崇明・菊地聡延・江原康之

何の予備知識もなく観始めたので、作品タイトルの「巨人」が何かの比喩ではなく、そのまんまの意味だったことに戦慄した。シリアス基調なシリーズなのに出オチのインパクトではここ数話観た作品では屈指だったように思う。裸一貫から巨人に立ち向かうであろう主人公・エレンにはキャラクターデザインの印象もあって『キングダム』を、禍々しい巨人のデザインには『CLAYMORE』の妖魔を思い出した。つまるところ自分の好みの路線ということで視聴にはまったく支障なし。加えて本シリーズの場合、人類が知恵と勇気でもって巨人に立ち向かうという世界観のようだから、この初回で提示された圧倒的な絶望感の反動となるカタルシスをどう演出してくれるのかお手並み拝見といきたい。エレンの、母の復讐のみならず箱庭世界から飛び出したいという根源的な衝動も、これからの困難への動機づけとしては申し分なし。
★★★☆