flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

百花繚乱 サムライブライド 第参話「愛と忠」

脚本:西園悟 絵コンテ・演出:川西泰二 作画監督:Eum Ik-Hyun・Park Myeong-Hun・Kim Yoon-Jeong・Park Chang-Hwan

メイド喫茶での成績がビリだったことに後ろめたさを覚え道場を出ていった兼続が敵襲を受けるという展開。何の捻りもないストーリーではあるのだけど、宗朗の思い遣りや佐助との連帯感などホロリとさせられる描写を織り込みつつ、兼続の柳生道場への帰属意識を浮かび上がらせるストレートな筆致がとてもよかった。兼続に自分のために必死な宗朗の姿を印象付けるためとはいえ、契約となった人工呼吸のシーンで心臓マッサージを入れる細やかさもポイント高し。そして、満を持してマスターサムライになってもカッコ良く決まらないところに、スタッフの兼続愛を感じてやまない。
★★★