flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第4話「つまり、彼は友達が少ない。」

脚本:菅正太郎 絵コンテ・演出:高橋秀弥 作画監督:小倉寛之・坂本ひろみ・福世真奈美・栗田聡美

クラスメートのリア充組リーダー・葉山隼人の依頼でチェーンメールの犯人捜し。ぼっちとリア充の境界はあってなきが如しといった感じだが、八幡の捻くれつつも的確なメソッドがリア充グループの人間関係を修復してしまったオチは、ある意味痛快でもあった。いつからか奉仕部の空気も不思議と心地良いものになっていて、八幡の屁理屈と雪乃の毒舌を中和する結衣の存在が大きい。ローテンション寄りのボケツッコミが基本ながら、視聴後感が妙に爽やかなのは、奉仕部三人のキャラクターが各々の個性で前向きな存在感を示してくれるからだろうか。あと、男の娘には何も感じないクチだが、戸塚彩加には不覚にも萌えてしまった。八幡の妹・小町もサバサバしていて好感度大。突っ込みどころはあるのだが、何とも形容しがたい魅力のあるシリーズになってきた。
★★★☆