flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

フォトカノ 第4話「これからの想い」

脚本:横山彰利 絵コンテ:坂本一也 演出:福多潤 作画監督:山吉一幸・平田和也・竹森由香

生徒会長の弱みにつけ込む主人公に不快さを覚えてもおかしくないところ、どういう訳か受け入れられてしまうのは、一也を中心としたこの学園の描写がことごとく狂っているからではないか、と思い至った。もはや褒めているのか貶しているのかさえ分からなくなってきたが、個性的な作風であることは間違いなさそうだ。また、一部でヒロイン同士の掛け合いが見られるようになって、徹底的に一也目線だった前回までと比べてそれなりに膨らみが出てきた感じ。ストレッチするヒロインズの際どいアングルを撮影しながら「俺は カメラと出会い そして変わった」とか、一也のもっともらしいモノローグに笑いが止まらない。いよいよ毒が回ってきたかな…。
★★★