flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

百花繚乱 サムライブライド 第肆話「将の花嫁」

脚本:西園悟 絵コンテ:島津裕行 演出:荻原露光 作画監督:しまだひであき・服部憲知

1期シリーズの強敵だった柳生義仙の登場で、シリーズタイトルにもなっている「剣妃(サムライブライド)」の設定開陳。現在は剣姫の能力すら失っている十兵衛が、クライマックスのピンチで主人公らしく覚醒するだろうことは予想できるが、今回は宗朗ラブにつけ込まれて義仙の扇動に乗ってしまった幸村、千姫、兼続がアホ丸出しで大笑いさせられた。また、義仙のキャラクターが濃すぎて四剣鬼を食ってしまわないか心配になったが、魔眼の力を失っているらしい義仙の真実で、とりあえずのバランスはとられた格好。そろそろ四剣鬼側の掘り下げも欲しいところ。
★★★