flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アラタカンガタリ〜革神語〜 第二話「劍藭〜HAYAGAMI〜」

脚本:金巻兼一 絵コンテ:Park SiHwoo 演出:Lee GapMin 作画監督:Lee BooHee

コトハからもらったペンダントを介して2人の主人公が交信できるようになったのは、いささかお手軽に過ぎやしないかと思ったが、アラタはともかく戦争状態の異世界に飛ばされいきなり重罪人の濡れ衣を着せられた革の心境を想像すれば、それくらいの配慮があって然るべきなのかも。革が自身の裁判で元の世界で受けた体験をぶつけたシーンには、理不尽な仕打ちを受けた捨て鉢が恐怖に先行したのが見て取れて、悪くなかった。コトハが健気で可愛らしくて、流罪になった革に随行してくれるのが、観ているこちらとしても心強い。
★★★