flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

はたらく魔王さま! 第5話「魔王と勇者、笹塚を救う」

脚本:横谷昌宏 絵コンテ:村川健一郎 演出:小林公二 作画監督:碇谷敦・池上太郎・中村和久・又賀大介

悪魔大元帥ルシフェルと大神官オルバ・メイヤーとのバトル。それぞれの野望のために結託した二人を、人間世界に触れ反目し合いながらも結び付いた真奥と恵美に重ねてみせるプロットが分かりやすくて痛快。バトルシークエンスにコミカルな演出を入れるパターンも、今までのコメディとトーンの統一が図られていて自然だったし、シリアス描写が優先して持ち前のテイストが壊れやしないかという危惧は杞憂に終わった。また、千穂の記憶を消さなかったのは、この手の作風のお約束を破ったようでいて、それ以上に、人間世界における魔王と勇者の重石として彼女を位置づけたように感じられた。要するに、真奥と恵美にとって、それほど千穂が近しく大切な存在になったということ。
この序盤までは、今期スタートの新作では屈指の出来栄えだっただけに、次回のサブタイトルが気になってしまう。市井でつつましく頑張る魔王と勇者の姿が好きなので、ありきたりな学園ものにしてほしくないところだが。
★★★★