flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

銀河機攻隊マジェスティックプリンス #005「小惑星基地潜入作戦」

脚本:志茂文彦 絵コンテ:小林孝志 演出:末田宜史 作画監督:菊池政芳・杉本光司

脚本担当が変わってコメディのパターンが下世話というかテンプレになった気がする。それはさておき、チームドーベルマンと共同で、敵基地への潜入・爆破する「オペレーション・ナバロン」が今回の作戦。安全パイと思われた目的地に敵機がウジャウジャでなし崩し的にバトルというのはもはやお約束か。普段の描写を通じてキャラクターの個性がしっかり印象付けられているので、ミッションにおける各人の役割や行動がロボットアクションと一体化してイメージできる。また、敵基地突入時には自身で判断できなかったイズルが、基地内での危機に際してリーダーシップを見せるという、段階を踏んだプロットがいい。狭い基地内での戦闘における臨場感あるアクションも良好。
★★★☆