flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

はたらく魔王さま! 第7話「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」

脚本:下山健人 絵コンテ:にいどめとしや 演出:土屋浩幸 作画監督:中田正彦・田村正文・武藤信宏・木宮亮介・中村和久

鎌月鈴乃がお隣さんになって修羅場めいてきた。恵美も鈴乃も使命として「魔王」を「狙って」いて、それがラブコメの文脈としても「真奥」を「狙って」いるパターンは、他作品でも見たことがあるが、本シリーズの場合は序盤からの真奥と恵美の奇妙な因縁がしっかりと描写されただけあって、地に足がついた印象になっている。自身の使命に忠実ながらも、笹塚の街への愛着と共に真奥と気の置けない関係になってきた恵美の表情が魅力的で、コンビニ強盗に対する啖呵に象徴されていたよう。
細部で目を引いたのは、階段から落ちた自身を抱き留めてくれた真奥を反射的に殴ってしまった恵美が、後頭部から地面に叩きつけられたシーン。恩を仇で返した報いをコミカルに表現していて、恵美のツンデレリアクションを美化することのないバランス感覚が素敵。こんな描写の積み重ねが、本シリーズにおけるキャラクターの人間味の源泉になっている気がした。
今回はお色気サービスも散見されたけど、物語の雰囲気をスポイルしない程度にとどめたのは見識。
★★★☆