flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

RDG レッドデータガール 第7章「はじめての迷子」

脚本:横手美智子 コンテ:室井ふみえ 演出:室井ふみえ 作画監督:大導寺美穂

宗田の三つ子を中心に物語が進んでいくが、キャラクターの言動はくっきりとしているのに、全体像は何とも茫洋とした印象でまどろっこしい。そしてそれは、主人公である泉水子の視点や内面そのものという感じがしてくる。宗田きょうだいについては、真響と真夏がズレすぎると真澄の存在が危うくなるという事情は分かったが、真夏が真響を遠ざけて真澄との一体化を望んでいる風なのは何故だろう? 穿った見方をすれば、真夏が真響に特別な感情を抱いているといった理由が浮かぶが、無粋な詮索はよして次回を待つべきなのかも。また前回の感想で、泉水子と深行の危なっかしさに比べて宗田きょうだいの絆は固い云々と書いたけれど、血縁を介した近すぎる関係性も別種の危うさを孕んでいるということは伝わってきた。
★★★