flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

カーニヴァル 第7譜「「マーメイドの溜息」と三人の騎士」

脚本:高木聖子 絵コンテ:岡佳広 演出:駒屋健一郎 作画監督:仁井学・梅津茜・荒川絵里花

「輪」のショーで逃げ出した、壱號艇所有の高性能ウサギ(型ロボット)をめぐる騒ぎ。ショーの浮ついた空気感は、劇伴音楽の効果もあって煌びやかに演出されていてよかったのだけど、无と花礫が蚊帳の外だった筋書きが残念。演劇の舞台上で閉じ込められたツクモを救うため、観客に違和感を与えることなくかつ高性能ウサギのプログラムを欺くための即興劇、というアイデアそのものは面白かっただけに、あっさりと解決してしまい拍子抜け。せっかくメインの无と花礫を舞台に上げたのだから、二人の人物あるいは内面を活かした一工夫がほしかった。イヴァ姐さんは自分のような者にとって鬼門だが、今のところはギリギリ許容範囲か。
★★☆