flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第8話「いずれ彼ら彼女らは真実を知る。」

脚本:高山カツヒコ 絵コンテ・演出:中野英明 作画監督:一ノ瀬結梨・栗田聡美・香田知樹・坂本ひろみ・志賀道憲・松下純子

キャンプ二日目、小学生グループで孤立している鶴見留美を解放するため、八幡のアイデアで肝試しにかこつけてショック療法を行う、という展開。
カースト上位グループに対してもリーダーシップを発揮する八幡は、“積極的ぼっち”あるいは“攻撃的ぼっち”と形容したくなる。現実的にありうるキャラ造形には思えないが、“孤立”を武器に変えカースト上位グループにも一目を置かれるその在りようは、同じように“ぼっち”な立場にある原作読者や視聴者にとって痛快に映るのかもしれない。そして、雪乃の毒舌との掛け合いが軽妙な漫才と化しているのは、そんな八幡の特異性によるものが大きいのだろう、と。過去の事故を触媒としていよいよ雪乃にフォーカスしてきたけど、彼女の逡巡に対する八幡の対処が見どころ。ヘタレてしまって結衣に喝を入れられる…なんてありきたりなパターンではなく、今回見せたような有り得ないくらいのカッコ良さでお願いしたい。“ぼっち”から救い出してあげたのに、八幡は留美にとって悪役となってしまったが、留美の相似形として描かれるであろう雪乃にはどう落とし込んでくれるのか。
★★★★