flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

百花繚乱 サムライブライド 第捌話「謎の影」

脚本:西園悟 絵コンテ:渡邊哲哉 演出:荻原露光 作画監督:しまだひであき・服部憲知

通り魔事件をめぐっての、十兵衛と四剣鬼の一人・宝蔵院胤舜の交流、そして力不足に苦悩する又兵衛と半蔵が主題。四剣鬼の出自が明かされたことによって、十兵衛と胤舜の約束は悲劇の匂いしかしないが、王道ストーリーはシリーズの持ち味に合っているので、特に不安視はしていない。それぞれ宗朗に近い主人を持つ立場として共鳴する又兵衛と半蔵は、自制心が強いのかどこか達観しているような前者に対して、不安感が素直に態度に出てしまう後者と、まるで幸村と千姫のキャラクターを反映しているように感じられるのが面白い。次回予告での二人の掛け合いでそれをはっきり示してくれて満足。次回どちらかが剣姫化するのであれば、しかるべきワンクッションを期待したいところだ。
★★★