flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

とある科学の超電磁砲S #7「お姉さまの力になりたいですの」

脚本:山田靖智 コンテ:高柳滋仁 演出:羽多野浩平 作画監督:牛島勇二・松本文男

サブタイトルそのまんま。黒子の健気さが美琴にはもちろん初春と佐天にも伝播して、クライマックスのカタルシスに期待が高まってきた。美琴の性格を知り尽くした黒子がとった大人な態度が、普段とのギャップもあって印象的。はやる気持ちをこらえて自身の役回りから爆破事件にアプローチしようとする姿を見逃さない初春と佐天のサポートも温かい。四つ葉のクローバーは、幸運とともに四人の絆を象徴しているかのよう。
日陰に入った人物の髪から服まで単色で塗りつぶす手法は、過去の長井龍雪監督作品でもしばしば見られるものだが、今回の寝室でのそれは、美琴と黒子の複雑な心情をこれ以上なく示唆していたように感じられた。
★★★☆