flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アラタカンガタリ〜革神語〜 第七話「火焔〜HOMURA〜」

脚本:金巻兼一 絵コンテ:Lee BooHee 演出:筑紫大介 作画監督:本多恵美

OPとED映像で示唆されてはいたけど、革の対になるキャラクターはアラタではなくカンナギであり、アカチと対になるキャラクターは門脇である、と。そして、アラタは革の導き手として立ち回るようだ。そうなると、アラタの内面掘り下げはさほど期待できないだろうが、前回からの流れでカンナギがその没落ぶりも含めて前面に出てきたので、物語の構図的には吸引力を増した感じ。また、天和国に来た革が事あるごとに現代日本でのクラスメートを思い出すパターンにはいまいち深みが感じられなかったものの、今回革がアカチを門脇に重ねたくだりは、前回のカンナギとアカチをめぐるハードな描写に、今回の現代におけるアラタのリリーフも効果的で、存外ストレートに響いてきた。回想に頼りがちな話運びは突貫工事気味ではあるが、じわじわと少年漫画原作物らしい熱を帯びてきて、序盤は心許なかった革が少しは主人公らしく感じられるようになった。
一方のヒロインであるコトハだが、幼馴染のアラタにあれほど想いを寄せているのであれば、革の正体を看破しているような気もするのだけど、最終話までにどう処理してくれるのか興味津々。
★★★