flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話「依然として彼らの距離は変わらずに、祭りはもうすぐカーニバる。」

脚本:菅正太郎 絵コンテ:今掛勇 演出:吉田りさこ 作画監督本橋秀之

文化祭実行委員を半強制された八幡と、実行委員長に立候補した相模南に乞われて文化祭実行副委員長になった雪乃。きっかけもさることながら、二人の性格もあってギスギスした空気が支配する。
これまでのエピソードで、メインの三人が世間一般で言われるところの「ぼっち」ではないことは理解したつもりだけど、今回の、相模の自己アピールとは裏腹に不安げな態度からは、彼女も表面的には友達と楽しくやっているようで内なる孤独を抱えている風に見受けられた。実行委員の打ち合わせで、テキパキと指示を出す雪乃に自身の立場を失くしていくくだりなど、まるで相模が雪乃の写し絵のように感じられたりも。そして、孤高を気取ってはいるものの、周囲への婉曲的なサジェスチョンを欠かさない八幡を見ていると、自分なりにシリーズのコンセプトが掴めてきた気がする。「ひねくれぼっち」である八幡が、クラスにおける立場や他人からの見た目とは関係なく、人知れず「ぼっち」を抱えた人たちに作用していく物語というべきか。相模を言葉巧みに引き込んで雪乃を揺さぶる陽乃のやり口はこれまで以上にえげつないもので、かわいい妹に目を掛けているという以上の複雑な感情が見え隠れする。
★★★☆