flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

百花繚乱 サムライブライド 第拾話「鎮護石の秘密」

脚本:西園悟 絵コンテ:柊蜻蛉 演出:川西泰二 作画監督:Park Myeong-Hum・Kim Yoon-Jeong・Eum Ik-Hyun

四剣鬼の詳細と「サムライブライド」の真実が明かされる。四剣鬼については、序盤から表現されてきたそれぞれのキャラ造形に意味を持たせるプロットに唸った。愚直なまでに武人の誇りに忠実な武蔵、彼女に想いを寄せながら思慮深さをみせる小次郎もさることながら、依り代にされた純粋無垢な胤舜と、機械仕掛けで人間らしさを奪われた又右衛門の二人に、死人ゆえの悲劇性が映える。必然的に、彼女らを迎え撃つ「サムライブライド」の過酷さが重みをもって感じられ、ラストバトルに期待が高まった。今回をもって四剣鬼側にも感情移入できる下地が整ったことは大きいな。
★★★☆