flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

翠星のガルガンティア 第11話「恐怖の覇王」

脚本:海法紀光 絵コンテ・演出:新留俊哉 作画監督:中村深雪・李富熙

双方とも近代文明のなれの果ての産物であるクジライカとクーゲルが、それぞれ形は違えども現地人の畏怖の対象になっている件、急激な変容を良しとしないガルガンティア世界住民のスローライフを体現しているとも言える…か。だからこそ、ピニオンがクーゲル船団に引き寄せられる(クーゲル側に見込まれる)流れが分かりやすい。「共存共栄」と「力による支配」を両軸にレドの価値観を揺さぶるおぜん立ては出来たものの、個人的には小ぢんまりとしていてあまり琴線に触れてこないな。
★★☆