flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

偏愛の輪舞曲/GRANRODEO

偏愛の輪舞曲 【通常盤】

偏愛の輪舞曲 【通常盤】


01 偏愛の輪舞曲
02 Y・W・F.
03 桜色第2ボタン
04 偏愛の輪舞曲 (OFF VOCAL)
05 Y・W・F. (OFF VOCAL)
06 桜色第2ボタン (OFF VOCAL)

カーニヴァル』OP曲。ミュゼットとハードロックの融合という大胆なコンセプトながら、イントロやアウトロの楽器編成だけでなく、随所に三拍子を入れるリズムアレンジがスマートで、不自然さを感じさせない。アニメのテイストからするとハードすぎるサウンドに思えるが、小粋でしなやかなアレンジのおかげで絶妙なバランスがとれている。疾走感あるサビの最後で三拍子にスローダウンして、「輪舞曲(ロンド)」と叩きつけるように言葉を置く歌唱がカッコいい。02は電子音にエフェクトをかけたヴォーカルの絡み合いという変化球から始まり、ハードロックにシフトしていく曲構成。アレンジに加え下世話で際どい歌詞もあいまってキッチュな味わいになっている。03は卒業式の心境と思しき等身大の歌詞が新鮮なミディアムで、間奏のコーラスワークなどゆったりしたアレンジが印象的。基本はハードロックながら3曲それぞれ工夫が凝らされているし、KISHOWのヴォーカルもe-ZUKAのギターも伸び伸びとしていて気持ちがいい。