flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

アラタカンガタリ〜革神語〜 第十話「憧憬〜SHOUKEI〜」

脚本:金巻兼一 絵コンテ:Lee BooHee 演出:北川正人 作画監督:竹森由加・藤田正幸

十二神鞘の一・ヨルナミの領地内、その属鞘の一人であるヒルコが治めるスズクラの街にて、変わってしまった主君を元に戻すために、ヒルコが革たちの器を見定めるというお話。今回は革というよりは孤児であるルカを相手にカナテの優しさが目立っていて、具体的な描写こそ無かったものの、ルカにかつての弟分だったギンチを重ねている風。そう、カナテが革の器を引き出したようだった。余所の領地における市井の事情に精通するカンナギは、とても元(?)十二神鞘とは思えない。その正体を、同じように素性を偽り市井に溶け込むヒルコが看破したのもむべなるかな。
★★★