flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

絶対防衛レヴィアタン 第11話「絶対復活させるもん!」

脚本:井出安軌 絵コンテ:大畑晃一 演出:美甘義人 作画監督:高瀬さやか・土屋友次

ラジマ火山から遺跡に戻ってのルーカサイト退治。レヴィアタンが「進化」を発現するくだりは追い込み不足に思えるが、バハムートとヨルムンガンドそしてレヴィアタン自身が全力を振り絞っての結果なので不自然なところはない。本シリーズの描写はバトルアクションにあってもいたって牧歌的なので、切迫感が足りないと錯覚してしまうのだろう。また、トリプのような雑魚は別として、ルーカサイトのような大物を相手にした戦闘においては、レヴィアタンの役割が進化を遂げても拘束に特化しているのが印象的。バハムートとの遠距離攻撃とヨルムンガンドの近接攻撃にそれぞれの性格が表れているように感じられるのと同じく、レヴィアタンの拘束にも彼女の控え目ながら頑固な性格が滲み出ているように思えてきた。各キャラクターの個性でもって捉え直すと、一見ゆるく平板なバトルが立体的に感じられてくるというもの。
メタル、ルドラ、ラゴンの三人娘が、お嬢様なバハムートのプライドをチクリとやるシーンに笑いつつも和んでしまった。さすがヨルムンガンドの妹分たちだけのことはある。
★★★