flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

はたらく魔王さま! 第13話「魔王と勇者、真っ当に仕事に励む」(終)

脚本:横谷昌宏 絵コンテ:三條なみみ 演出:土屋浩幸 作画監督:佐藤天昭・中田正彦・碇谷敦・木宮亮介・武藤信宏・兵渡勝

千穂と恵美がそれぞれ真奥の夢にうなされて目覚めるくだり、二人の真奥に対するスタンスの差が現れていて興味深かった。ひとりの男性として真奥を見ている千穂に対して、父親の仇である魔王サタンとしての影を払拭できない恵美。そこには千穂の一途な想いに触れたからこそ、彼女と同じように真奥を真っ直ぐ見ることができない恵美の苦悩が滲み出ていたよう。現代日本にあってもしがらみに囚われ続ける恵美や鈴乃と違い、ニュートラルな立場でエンテ・イスラの人々に対峙できる千穂こそが、日本では魔王としてのしがらみを表に出さない真奥に屈託なく接することができ、視聴者のナヴィゲーター役になり得たのかも。それは何よりもED映像が示唆しているように思える。
Cパートで恵美が真奥に傘を返したシーン、その傘が新品だったのが恵美の真奥に対する認識が改まったことを象徴しているようで、さりげない演出だったからこそ素敵な余韻を残してくれた。
★★★