flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)幻影ヲ駆ケル太陽 episodio I「太陽の黒点」

スタッフ

監督:草川啓造 原作:sole;viola 原案:赤城晴康・田中秀典 構成・脚本:伊藤美智子 キャラクター原案:あかつきごもく キャラクターデザイン・総作画監督友岡新平 クリーチャーデザイン:小田裕康 助監督:小坂春女 美術監督:木下了香・小濱俊裕 美術設定:青木薫 色彩設計:松山愛子 コンポジットディレクター:今泉秀樹 編集;櫻井崇 音楽:加藤達也 音響監督:岩浪美和 アニメーション制作:AIC 製作:Progetto 幻影太陽

キャスト

太陽あかり:門脇舞以 星河せいら:喜多村英梨 月詠るな:徳井青空 白金ぎんか:巽悠衣子 エティア・ヴィスコンティ遠藤綾 アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子 プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子 メルティナ・メルヴィス:東山奈央 天道いつき/むつみ/ななせ:種崎敦美 ラプラス堀井茶渡 シュレディンガー井澤詩織 心崎冬菜:佐倉綾音 太陽ひなた:久川綾 永瀧の母:内野真生 リムロ:高橋未奈美 華夢:近藤浩徳 ほか

脚本:伊藤美智子 コンテ:草川啓造 演出:小平麻紀 作画監督:玉木慎吾 山本周平・森前和也

タロットカードを基本モチーフにした魔法少女もの。この手の作風でオリジナルというのが珍しい。
キッズアニメを思わせるキャラクターデザインとは裏腹に、少女たちの境遇や表情もあって抑制された演出トーンが印象的だったが、それが不穏から悲劇に変化するまでにはさほどの時間は要さなかった。夢(?)の中で魔物を屠ったことで心崎冬菜が居なかったことにされた一連の描写に、これからあかりが戦っていくであろう世界観が示唆されていたように思うが、詳細は今後のお楽しみということで。うらぶれた作品世界をソツなくまとめることで2話以降への興味を惹いたという意味では、『神様のいない日曜日』と甲乙付け難い出来だったかと。
アヴァンや提供バックの町並みが長崎市に似ていると思って調べてみたら、やはり長崎県をモデルにした架空の街「永瀧(ながたき)」が舞台になっているらしい(公式サイト該当ページ)。風光明媚で異国情緒もあればファンタジーの舞台としてはうってつけだろうな。
LiSAが歌うOP曲『traumerei』(「a」にはウムラウトがつく)は、エネルギッシュでキャッチーなロックナンバーでなかなかカッコいい。

traumerei(期間生産限定盤)

traumerei(期間生産限定盤)

★★★