flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

幻影ヲ駆ケル太陽 episodio II「血塗られた未来」

脚本:伊藤美智子 コンテ:林宏樹 演出:仁昌寺義人 作画監督:牧野竜一

可愛らしいキャラクターに悲劇的なプロットは今や珍しいものではないけれど、あかりへのフォーカスを固定したまま新キャラの紹介を交えつつ起伏のあるストーリーが澱みなく展開していくので見応えがある。バトルアクションもエフェクトを含めダイナミックで臨場感十分。隊長のエティアと監視者たちとの関係、あかりの母親が辿った顛末など、セフィロ・フィオーレ内に燻る火種も過不足なく。
★★★☆