flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

君のいる町 #02「桜の咲く頃」

脚本:吉田玲子 絵コンテ・演出:山内重保 作画監督:小島彰・佐野陽子

白く暈した画面に象徴される演出効果もあいまって、小悪魔的な柚希との短かった日々が、まるで青大視点による胡蝶の夢の如し。そんな夢心地にあって青大と柚希の後先考えない行動が共鳴しているように感じられもした。今のところ青大にも柚希にもほとんど思い入れが持てないけれど、そんなことはどうでもよかった。本エピソードがこれからのドラマにどんな影響をもたらすかは知る由もないが、少なくとも自分は極限まで美化されたこの映像を忘れることはないと思う。理屈ではなく感性に訴えかける山内重保の作風がここまで琴線に触れたのはおそらく初めて。EDとのマッチングにも惚れ惚れする。
★★★★☆