flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

BROTHERS CONFLICT 第六衝突「写真」

脚本:ハラダサヤカ 絵コンテ:ユキヒロマツシタ 演出:飯田薫久 作画監督:渡辺亜彩美・三浦かおる・林奈緒

五男・椿、六男・梓、七男・棗の三つ子それぞれの性格や関係性がそのまま絵麻へのスタンスになっているところが面白い。奔放なくせに繊細で絵麻への好意を隠すことのない椿に、ニュアンスこそ異なるものの“兄”として絵麻から距離を保とうとする梓と棗。梓が棗に連絡をとった件が、互いの腹を探っていると同時に椿に対する牽制のための連帯に見えたのは穿ち過ぎだろうか。九男・昴を巻き込みつつ三つ子が“CONFLICT”の火種となる展開は、近すぎるがゆえに隠し事が効かない或いは遠慮がないからという感じがする。無防備すぎる絵麻はいつの間にやら魔性の女。
★★★☆