flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ローゼンメイデン TALE 6「下弦の月まで」

脚本:望月智充 絵コンテ:畠山守 演出:村田尚樹 作画監督石川洋一・堀越久美子

真紅と水銀燈の口論から喧嘩への発展は迫力に欠けむしろ微笑ましいほど。二体とも1期シリーズに比べてどこか弱々しく感じられるのは、この「まかなかった」世界が「まいた」世界の分岐の先であることと関係していそう。そして、「まいた」ジュンが「まかなかった」ジュンに送った「新・少女のつくり方」については、こちらの真紅が作るのをやめるよう釘を刺していた件が引っ掛かってくる。この世界に居場所を見つけられないジュンの暴走が「まいた」世界をも巻き込んで大きく変わりそうな予感がするが、それを唆すような「まいた」ジュンの真意あるいはマスターを狙うという雪華綺晶との関係が気になってくる。話が進んでいないようでいて、じわじわと外堀が埋まっていっている印象。
★★★☆