flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

宇宙兄弟 #70「諦めのような覚悟」

脚本:加藤陽一 絵コンテ:釘宮洋 演出:徳本善信 作画監督:石井ゆみこ、本多みゆき、萩原正人、渡辺浩二

バトラー室長からのISS搭乗バックアップクルーの提案を断り月面ミッションへの遠まわりを選択した六太。驚異的な競争率を勝ち抜いてきたのにもかかわらず、せっかくのチャンスを遠ざけてしまう行動は第三者からすると不可解に思えてしまうが、シャロンとの約束にタイムリミットがあることを考えると誰も六太の選択を責めることはできないだろう…そう思わせるだけの下地はこれまでのエピソードで仕込まれてきたはず。月面基地局の開発部署においてまたまたはみ出し者たちに揉まれながらという六太だが、「落ちないバギー」の開発はあのカムバックコンペティションの経験が活きてきそう。あと、あのスピーディーをモットーとするビンスが六太の選択を尊重した風に見えたが、これを機会にピコやヤンじいに出番を奪われた感のある彼の内面についても掘り下げを期待。
★★★☆