flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 第6話「空白 夜の終わり」

脚本:水瀬葉月 絵コンテ:渡部高志、高橋賢 演出:神保昌登 作画監督:のりみそのみ、熊谷勝弘、峯岸桃子、北原章雄、牛島希、山吉一幸

精神的に追い詰められたキャラクターが平常心を失って覚醒…というパターンはあまり好まないが、イリヤスフィールに関してはスピンオフ元である『Fate/Stay night』であれこれ特殊能力が仕込まれていたはずなので抵抗なく受け入れられた。アーチャー変身の際に現れた「アンリミテッドブレイドワークス」を髣髴とさせる剣が林立するカットや「トレース」なんとか(聴き取れず)という詠唱には、切嗣を介したいわば義理のきょうだいである衛宮士郎との関係を想起させるが、すでにうろ覚えであるし現時点であれこれ調べることはやめておく。いずれにせよ、目覚めたら記憶消失でしたというオチも含め、今のところは凛とルヴィアの戦いぶりに食われてしまっている感じ。現実的でありながら胆力も兼ね備えた美遊は、そんなイリヤの良いパートナーになりそう。また、イリヤの豹変を目の当たりにしたのがルビーではなくサファイアだったというのが示唆的。
★★★